結婚式の余興~お花系

結婚式の余興・演出アイデア集

ブーケトス

ブーケトスは、挙式後に新婦が後ろ向きになって、ブーケを投げ、ブーケを見事キャッチできた未婚女性のゲストは、次の花嫁になると言われており、幸せのバトンタッチの意味がある人気の余興、演出です。

ブーケトスの始まり

ブーケトスの始まりは、14世紀頃のイギリスだと言われています。結婚式に参列していた女性たちが幸せのおすそ分けをしてもらおうと、新婦に群がり、花嫁さんのドレスや小物を奪おうとしたそうです。そこで、新譜は手に持っていたブーケを投げ、参列者の注意をそらしたんだとか。これが始まりとなり、花嫁さんの幸せを分けるという意味でブーケトスをするようになったのです。・・・ブーケを投げるほどの勢い、凄かったんでしょうね(苦笑)

結婚式に出席するなら

ブーケ以外にトスの余興・演出

ブーケトスには、ブーケトス用にミニブーケを用意するのが一般的ですが、他にも色々トスする余興があります。

ガータートス
ちょっぴりセクシーで、新婦が照れたりとゲストの笑いも誘うような演出です。欧米の風習で、挙式後に、新郎が花嫁のガーターベルトを取って、未婚の男性ゲストに向かって後ろ向きで投げます。ガーターを取った男性は次の花婿になれるという、ブーケトスと同じような意味があります。
ブロッコリートス
ブーケトスに対抗?して未婚男性が行う余興です。新郎が後ろ向きにブロッコリーを投げ、取った人が次の新郎になれます。当たった人にはマヨネーズもプレゼントしても良いかもしれません。
ライスシャワー
トスとはちょっと違いますが、降り注ぐ演出です。挙式終了後に、教会・チャペルの外に出て来る新郎新婦に、ゲストがライス(お米)を降り注ぐ余興です。米は豊潤な恵みと子孫繁栄の象徴として、新郎新婦のこれからの人生が豊かさと子宝に恵まれることを願った欧米の伝統的な風習です。

ブーケプルズ

ブーケトスだと、恥ずかしい前に出てきてくれなかったり、体格の違いなどで勝敗が分かれる事があります。それが心配な方は、このブーケプルズの余興はいかがでしょうか。ブーケに数本のリボンを付けて、未婚の女性ゲストにクジ引きのように引っ張ってもらう演出。皆がリボンを引っ張ると、新婦の手からリボンがスルリと抜けて、会場にはたくさんのリボンがふわり。とても華やかな光景です。ブーケトスのでは、ゲストが遠慮したり、逆に取り合いになることもありますが、ブーケプルズでは優雅さがウケて人気が出ているようです。

ブーケプルズの準備

事前に会場、司会者とブーケプルズについてどんなふうに進めてもらうか打ち合わせをします。ブーケプルズのお世話役と、リボンが余らないよう、ブーケプルズをしてもらうゲストとその人数を決めておきましょう。

ブーケとリボンの持ち方

ゲストがリボンを引く時に、ブーケは手に持ったままでリボンだけ手から離しやすい持ち方があります。まず、1本のリボンが結ばれているブーケを片手で持ち、もう片方の手の親指と人差指で全てのリボンをはさみ持ち、ブーケを持った手を包み込むようにして持ちましょう。

ポイント

  • 他のリボンと絡みにくくするために、ブーケについたリボンは他のリボンの上に重なるようにしましょう。
  • ブーケの持ち方は胸のあたりで脇をしめ、ひきつけるように持つと綺麗に見えます。結婚式の前に、鏡をみながら研究しておきましょう。

ブーケプルズのやり方

  • ブーケプルズの時間がきたら、ブーケプルズに参加するゲストに前に出てきてもらう。
  • リボンとブーケを新婦が一緒に持ち、反対側の端を参加者に選んでもらう。
  • リボン端をゲストに渡し、新婦を中心にリリボンが扇子の骨のように順番にきれいに広がるようにする。
  • 合図とともに、新婦はリボンを手から離し、ブーケは手から離さないように握っておく。ゲストはリボンをひっぱる。
  • 一本だけつながっているリボンの持ち主がラッキーガールです。

ブーケバトン

次に幸せになってもらいたい未婚のゲスト(新婦の姉妹、親友など)に直接ブーケを手渡しする演出。花嫁が相手を指定して、ブーケをプレゼントします。参列者のほとんどが既婚の場合や、花嫁の強い希望がある場合に適しています。ゲーム感覚のブーケトスとは違った味わいの余興となります。

意味

ブーケトスと同様に幸せをバトン(つなぐ)意味があり、「次はあなたの番よ!」と幸せを繋ぐ意味があります。

ポイント

挙式後に渡す場合はブーケを挙式用と披露宴用で分けて用意しておくと良いでしょう。挙式後、または披露宴で行われることが多いようです。

じゃんけん争奪型ブーケトス

わいわい盛り上がりたい方はこの演出がお勧めです。じゃんけんですと、年齢、人数問わずみんなで楽しむことができます。大人も子供も参加型の、楽しい余興です。大人数であればあるほど、盛り上がる事間違いありません。

全員ブーケ

参加者が少人数の時や、全ての人に幸せを味わってもらいたい時におすすめの余興です。参加の女性全員にブーケを配る演出です。全員が公平に幸せを分けてもらえたような気持ちになれます。

フラワーシャワー

挙式の終了後に退場する際、もしくはバージンロードを退場する際に、新郎新婦に向けて列席者が花びらを蒔い祝福する人気の余興です。片づけの都合で生花にできない会場では、造花の花びらを使用することもあります。

意味

フラワーシャワーは見た目の華やかさだけではなく、花の香りによって辺りを清め、幸せを妬む悪魔から二人を守る意味があります。

ブーケ・ブートニア・セレモニー

ブートニアとは、花嫁が持つブーケと同じ花で作られた、新郎の胸元に飾る花のことです。新郎から新婦へブーケを差し出し、新婦はそのブーケの中から一輪の花を抜き取り、ブートニアとして新郎の胸に挿す余興です。

意味

ブートニアの由来は、男性が女性へプロポーズするときに野の花を摘んで渡し、女性がプロポーズにOKなら、花束の中の一輪を男性の襟足にさしてあげた事から始まりました。このことから、新郎からのプロポーズと新婦からの「Yes」の意味があります。

演出

ゲストの何人かに花を持ってもらい、新郎が入場しながらその花を集めていきます。そしてそれをブーケにして新婦に渡し、プロポーズを行います。新婦は『YES』の返事として新郎にブートニアを一輪胸にさします。

いつやる?

この演出は、人前式形式の挙式で行われることが多いのですが、中座後の再入場など、披露宴の入場にも適した余興だと思います。

余興をする方必見

顔として機能する受付嬢 転職へ華麗な変身をしませんか? 多くの方が笑顔にするお仕事、どんな方にもスマイルをお届け、丁寧な態度でお客様の心を鷲掴みするお仕事となります!

持ち帰りやすい卓上花

せっかく新婦が悩んで決めたお花ですから、簡単に持って帰ってもらえるよう工夫してみましょう。人数分の小さな陶器がテーブルに飾られているとか、解体すると人数分の小さなブーケになる、などというのも最近はあります。

ポイント

遠慮して持ち帰りしない人もいますので、司会者に「お花はぜひ持って帰ってください」とアナウンスしてもらいましょう。