結婚式の余興~音楽・ダンス系

結婚式の余興・演出アイデア集

生演奏

結婚式に音楽が欠かせません。音楽は会場の雰囲気を作る大きな要素ですから、シーンに合った演奏があると、結婚式の余興、演出の感動をより深くしてくれます。ゲストが結婚式で行う余興で、一番無難なのは楽器演奏だという噂を聞いたことがあります。それがプロの生演奏だったら盛り上がらないわけがないですね。好きな曲をリクエスト出来たら、更に素敵な余興となりますよ。

結婚式に出席するなら

生演奏を使った余興、演出

BGMを生演奏にする
結婚式で雰囲気を盛り上げるBGM。挙式や披露宴で流す曲を、生演奏にするだけで、とっても素敵な余興になりますよ。
挙式での演出
教会やチャペルでの挙式では、パイプオルガンや管弦楽などの演奏で入場すると素敵です。管弦楽カルテットやフルートなどの独奏も厳粛な挙式に似合った演出ですよね。
ゴスペル・聖歌隊
教会・チャペルでの挙式でゴスペルや聖歌隊による讃美歌などの演出をする余興もあります。会場に頼むのはもちろんのこと、こだわりのゴスペルシンガーを派遣してくれるサービス会社などもありますよ。
生バンド演奏
プロによる生バンド演奏は迫力満点。日本人はダンスが苦手な人が多いと思いますが、生バンドだったらノリで踊りだしちゃうかもしれません。あっと言う間にコンサートホールに早変わりしたら思い出に残りますね。

メリット

(1)格式高い印象の結婚式になる
特に格式の高い結婚式を演出した方にはおすすめです。生演奏でしか生み出せない雰囲気は、特別な日であることをゲストにもより実感してもらえます。生演奏だと、管弦楽カルテットやフルートなどの独奏も可能です。CDなどをスピーカーから流すよりも迫力がありますから、ゲストの注目度も高くなるでしょう。
(2)自分好みにアレンジができる
生演奏ですと、演奏を自分好みにアレンジ出来ます。披露宴会場が和風なのか、またはリゾート感のあるホテルなのかなど、会場のスタイルに合わせて音楽や楽器を選ぶこともできます。華やかなシーンでは思い切り派手に、歓談中なら穏やかな演奏にできたり、生演奏のBGMとしての自由度は高いといえます。
(3)親しい人に演奏して貰えることもある
会場でプロにお願いするのも良いですが、もしご家族や友人などに楽器が得意な人がいれば、その方にお祝いとして演奏していただくのも素敵な余興となります。見ているゲストも、新郎新婦と親しい方だと、更に感動もひとしお。披露宴の演出に参加していただけるというのは嬉しいですし、感慨深いものがありますよね。ただし、決して無理にお願いはしないようにしましょう。そして、もし引き受けていただけたら当然ですが、充分にお礼をしましょう。

音楽系の余興を頼まれた場合

結婚式で余興を頼まれた場合、生演奏や歌、ダンスを披露することが多いのではないでしょうか?ここでは結婚式で生演奏や歌の余興を頼まれた場合に披露するポイントをまとめました。

生演奏の余興を頼まれた場合のポイント

(1)まずは気持ちから!
プロの生演奏には及ばなくても、新郎新婦をお祝いする気持ちが伝われば、必ずゲストの心を打ちます。
(2)会場に相談する
これはかなり重要です。会場のスタッフは様々なスタイルの披露宴や二次会を経験しているので、的確なアドバイスがもらえます。
(3)新郎新婦に相談する
当たり前ですが、余興で生演奏を披露する際はこんなスタイルで歌って欲しい、演奏して欲しいという希望を新郎新婦に確認しましょう。

カラオケの余興を頼まれた場合のポイント

カラオケで歌を披露する方も多いと思いますが、カラオケにも注意点があります。

(1)誰もが知っている曲を選ぶ
流行の曲や皆が知っている名曲を使いましょう。マニアックな曲だと、ゲストが付いてこれません。
(2)カラオケ機材が古い場合もある
最新のカラオケ店とはちがい、意外とカラオケ機材が古いところが多いようです。都内やオシャレな結婚式場だと大丈夫な場合が多いでしょうが、こだわりの強い方は、当日に会場の音響スタッフの方とお話する時間を設けましょう。

バンド演奏の余興を頼まれた場合のポイント

バンド演奏といえば、ドラムですよね。既に会場にドラムセットが置いてあったり、会場で用意してくれるという場合は問題ありませんが、そうでない場合は、かなり大変になります。ギターやベースですと肩にひょいっとかけて持ち込めますが、ドラムの場合ドラムセットのレンタル、搬入から設置、返却に至るまで、すべてが大掛かりになります。

弾き語りの余興を頼まれた場合のポイント

弾き語りポイントは、楽器音量の調整に注意することが大切です。ピアノの場合は、既に会場に設置してある物を使用することがほとんどですので、音量の調整は会場で行ってくれるので問題ないことが多いです。ですが、ギターの弾き語りの場合はアンプを利用する方が良いと思います。ギターの音自身もマイクを通さないと、広い会場の場合は余程ジャカジャカ演奏しない限り、ボーカルのみのアカペラに聞こえてしまい、せっかくの弾き語りの意味がなくなってしまいます。

余興をする方必見

ダンス

歌、生演奏、バンドと同じく人気の余興は、ダンスでしょう。ダンスの余興で人気の曲をご紹介します。

Everyday、カチューシャ/AKB48
AKB48はやっぱり盛り上がります。選抜メンバーのように大人数で歌うと迫力が増します。男女混合で踊るのも盛り上がりますね。
女々しくて/ゴールデンボンバー
紅白出場で、幅広い年代に認知されているゴールデンボンバーも人気です。是非、新郎も加わってみては?
ももいろクローバー行くぜっ!怪盗少女/ももいろクローバー
今やノリにノッているももクロダンス。衣装もちゃんと用意すると更に本格的になりますね。ノリの良い曲で会場は絶対に盛り上がります。エビゾリが出来る子がいればいうことなしです!
つけまつける/きゃりーぱみゅぱみゅ
きゃりーぱみゅぱみゅは可愛い音楽と衣装で女の子グループにはぜひおすすめです。独特のダンスは、小さい子供も一緒に踊ってくれるかもしれません。

その他定番ダンスの曲

有名人

  • 少女時代
  • てんとう虫のサンバ
  • レディーガガ
  • EXILE
  • ジンギスカン
  • 矢島美容室
  • ヒゲダンス
  • KARA
  • Perfume
  • モーニング娘。
  • マルモリダンス
  • マイケル・ジャクソン
  • マツケンサンバ
  • 羞恥心

AKB編(曲名)

  • フライングゲット
  • 会いたかった
  • ポニーテールとシュシュ
  • 大声ダイヤモンド
  • ヘビーローテーション

ご当地ダンス編

  • 阿波踊り
  • よさこい
  • エイサー
  • ねぶた