結婚式の余興・演出のポイントと注意点

結婚式の余興・演出アイデア集

結婚式の演出を決める大事なポイント

新郎新婦や大切な人たちが勢ぞろいする一日だから、出席している人全員が楽しめる演出・余興を取り入れたいですよね。結婚式をより盛り上げるための演出や余興のポイントや、逆効果になってしまわない為のポイントをまとめました。

結婚式に出席するなら

ちゃんとした物件なのに保証人不要?!そんな物件情報ももりだくさん♪三宮 賃貸 エムズホーム当店ではお客様の目でしっかり見てもらい満足頂けた物件のをみを販売させて頂きますのでぜひご覧ください。

盛り上がる演出・余興のために

新郎新婦が何をしたいか
結婚式の演出や余興はゲスト全員が楽しく過ごせるものが良いですよね。そのためにはどういう演出・余興を選べば良いのか???実は、結婚式の余興、演出は、特にしきたりがある家でない限りは、『これをしなければいけない』と言った決まりがありません。ですので、実際に結婚式を挙げる新郎新婦が、どんなことをしたいか・・・ということが大事です。
みんなが一体感になれる演出を考える
最近、人気を集めている演出は、新郎新婦はもちろんのこと、出席者が参加できたり、末席にいる家族もどんどん演出に巻き込むなど、家族とゲストの笑顔を引き出しすような和やかな余興や演出です。二人をきっかけにしてゲストが互いに知り合い、祝福の輪が広がることにより、会場の一体感や共感が生まれる演出を考えましょう。
コンセプトを決める
コンセプトを決めると、結婚式がしまります。例えば、コンセプトを「ありがとう」にして、当日やその月の誕生日のゲストにサプライズプレゼントをしたりといった感謝をテーマに演出を組む余興も良いかもしれません。
新郎新婦の良いところをさらりとアピールする
新郎新婦がお互いが知っている良いところや、友人たちが自分達だけが知っている新郎新婦の良いところをさらりとアピールしてみてはいかがでしょうか。例えば、クイズ形式なら、新郎新婦が正解・株が上がるような仕掛けを作っておくのもお勧めです。

余興をする方必見

演出・余興の注意点

結婚式は、若い人から年配の方まで様々な方が出席されます。飽きさせたり、ドン引きさせないために、下記のことには注意しましょう。

だらだら時間をかけない
だらだら長いと飽きるので、一般的なスピーチと同様に3分間程度を目安にします。それより短くても何かインパクトを強調させれるものがあるといいでしょう。
内輪ネタに走りすぎない
結婚式でどんな演出、余興を披露するにしても、内輪ネタに走りすぎずに主役の新郎新婦をからめた万人受けするような工夫を凝らしましょう。少し取り入れるくらいならいいかもしれませんが、内輪しか分からない様なネタを延々とやられると、関係のない他のゲストの方々はうんざりしてしまいます。
下品、卑猥な下ネタ
新郎の友人男性がよくやってしまいがちですが、絶対にやめましょう。女性や年配の方たちから、ひんしゅくを買い、新郎新婦の人間性すら疑われます。まさかありえないと思いますが、新郎(新婦)もそのネタにノリノリで参加してはいけません・・・。
友人同士で騒ぎすぎない
これも新郎の友人男性がよくやってしまいがち。お祝いしに来たのか、ただ騒ぎに来たのか??結婚式は飲み会じゃありませんよ。ましてや新郎まで一緒に友人と騒ぎ、新婦やゲストがぽつーん。なんてことにならないよう、気をつけましょう。

いかがでしたか??これらに気をつけて、素敵な結婚式の余興、演出を楽しんでくださいね。