ご祝儀のマナー

結婚式の余興・演出アイデア集

ご祝儀のマナーを知っていますか?

友人や親戚の晴れの舞台である結婚式に招待されると、嬉しい反面、マナーについて分からず困ってしまう事もあるのではないでしょうか。「仲の良い友達にはいくら包んだら良いのだろう?」、「夫婦で呼ばれた場合、単純に2倍で考えればいいの?」などと悩んだ経験は誰しもあるのではないでしょうか?ご祝儀の金額は、「新郎新婦との関係」、「包む側の地位」、「年齢」、「地域や習わし」、「式場の格式」によっても変わります。お金のことなので人には聞きにくいかもしれませんが、最低限のマナーがあれば知っておきたいところですよね。いまさら誰にも聞けない「ご祝儀」について調べてみましたのでご紹介したいと思います。

結婚式に出席するなら

ご祝儀袋について

まず、結婚式のご祝儀に用意する袋は、白の包み紙で水引が銀色か赤白の結びきりを用意します。

結びきりとは?

現在では、カラフルでかわいいデザインの祝儀袋が売られています結びきりは、結婚式はたくさんあって良いものでは無い為、1回だけのご縁という事で結びきりを使います。是非、自分の好みやセンスに合わせて購入し、ご祝儀を用意するのを楽しみましょう。

マナー

表には、筆ペンか万年筆で丁寧に楷書体でフルネームで名前を書きます。4人以上で包む場合は、代表者の名前を書いて左下に、『外一同』と記載して、別紙に他の人の名前を書いて同封します。

注意点

ポップな可愛らしいデザイン、カラフルなデザインのご祝儀袋は目上の人や年配の方にはマナー違反となりますので、失礼のない上品なデザインを選びましょう。

ご祝儀の相場

さて、ここではご祝儀の相場について細かくお話したいと思います。結婚式のご祝儀というのは、人生の晴れ舞台に招待して下さった新郎新婦への感謝とお祝いの気持です。結婚式場へはご祝儀だけではなく、新郎新婦への心からのお祝いの気持ちを忘れずに持っていくようにしましょう。

ポイント

ご祝儀は、新郎新婦との関係もありますが、地方や職種で相場が変動するものです。親族の場合は両親に相談しましょう。また、何人か共通の友人が出席するという場合は、前もって打ち合わせしておくと安心です。そうすれば一人だけ相場が違って恥ずかしい思いをすることもないはずです。

友人の結婚式に招待された場合の相場

友人の場合、基本的なご祝儀の相場は3万円です。ホテルや教会ではなく、カジュアルなレストランウエディングだとご祝儀の金額を少なくしても良いのかと思われる方もいますが、それはマナー違反です。通常の披露宴と同じ金額を包むのがマナーです。逆に金額が多すぎてもお返しだったり、次のお祝いごとの時に多く包まなければと、相手に負担をかけるのでやめておきましょう。

相場はなぜ3万円?

この相場である3万円という金額には実は根拠があります。結婚式にかかる新郎新婦の費用を計算してみると、通常は披露宴の食事代と引出物の合計が2万~2万5千円、そして残った金額5千円~1万円が新郎新婦の手元に残るお祝い金となります。ですから、友人のご祝儀は3万円が相場と言われているのです。

相場は2万?

若い方は包む額が2万円という人も少なくないようです。特に最近では、2=ペア=夫婦という考え方から2万円を包む人が増えたともいわれています。ですが、基本的には、偶数=割り切れる=別れるという意味合いで縁起が悪いとされているので、避けたほうが良いでしょう、もし2万円を包む場合は、1万円札を1枚と5千円札を2枚にした方が良いでしょう。

余興をする方必見

夫婦で招待する場合

2人で出席するのであれば、5万円が相場です。一人で出席する倍の4万もしくは6万?というのは誤りです。偶数は縁起が悪いものであること、夫婦の場合は引出物も一つの事が多いため、間をとって5万円をご祝儀にするのです。年齢によっては、2人で5万円は少ないけれど、7万円は経済的に厳しいな、という場合もあるでしょう。そういう場合は、5万円のご祝儀にプラスして5千円~1万円程度の贈り物をお渡しするのも良いでしょう。

兄弟・姉妹・親戚の結婚式に招待された場合

親戚なので、気持ちで充分だと思われる方もいるかもしれませんが、それはマナー違反です。兄弟姉妹の場合は、友人知人よりも多めの金額が一般的です。友人が2万円なら兄弟姉妹は3万円、友人が3万円なら兄弟姉妹には5万円、というように少し多いのが一般的です。ですが、早めに親兄弟と打ち合わせしておく事が大事です。といっても、兄弟姉妹、親戚の場合は内々で金額を決めておく事も多く、自分だけ失敗なんて心配は殆ど無いと思います。

披露宴を欠席する場合

披露宴を欠席する場合、新郎新婦との関係にもよりますが、出席した場合の料理と引出物のキャンセル料という考え方から出席する場合の金額の半分、もしくは3分の1程度の金額、1万円程度が一般的です。親しい関係の場合は、現金ではなく心を込めた贈り物にしても良いでしょう。

特殊なケース

職場の上司であったり、部下であったり、取引先の方に招待されるといった事も考えられます。こういった場合、自分の年齢や立場などもよく考え、相手に失礼のないように心がけましょう。一緒に出席する人や、目上の信頼できる方にも相談しましょう。