服装のマナー

結婚式の余興・演出アイデア集

服装のマナーを学びましょう

ここまでこのサイトを読んでくだされば、招待状、ご祝儀のマナーはもう完璧ですよね。最後にお伝えするマナーは結婚式の服装のマナーです。服装のマナーを知らずに1人浮いてしまった・・・なんてことにならないよう、しっかり覚えておいてくださいね。

結婚式に出席するなら

女性の服装マナー

おめでたい席なので華やかできれいなドレスをきて、いつもより派手なメイクと髪型にしましょう。すっぴんはNGです。主役を引き立てる事を頭においておきましょう。主役は新婦です。白は主役の色なので避けて、新婦より目立たない服装を心がけましょう。

避けたいNG服装チェックポイント~ドレス編~

ここではマナー的にNGなドレスの色や素材等をお伝えします。知らず知らずのうちにマナー違反をしないよう、是非チェックしてみてくださいね。

ファー素材ドレス
毛皮や革素材は、「殺生」を意味するため、結婚式にはふさわしくありません。フェイクならばファー素材も良いという流れもありますが、やはりマナーを気にする方や年配のゲストにとっては見ていてあまり気持ちのよいものではないようです。ドレスとして選ばないことはもちろんのこと、ボレロなどの羽織り物やバッグ、靴においても避けたい素材です。
白系ドレス
新婦の着る純白ウェディングドレスは、ゲストの誰でもない、花嫁だけの特権です。結婚式当日の主役はなんといっても新郎新婦なので、白はNGというのは結婚式ではあまりにも有名なNGルールですが、うっかり着てしまわないよう、注意しましょう。
クリーム系、薄ピンク色のドレス
淡い色のドレスはとても可愛らしいですが、薄すぎるクリーム色や薄いピンクのような白系のドレスは、写真写りによっては「真っ白」に写ってしまうため、避けた方が無難です。
黒一色
最近では、黒のドレスを着る女性が多いのですが、黒一色の服は、喪服のイメージがあり、縁起がよくないとされていますので避けましょう。どうしてもという場合は、アクセサリーや小物で華やかなアクセントをつけましょう。
露出
ノースリーブタイプを着るならば、羽織り物は必須です。ストールで羽織ったり、カーディガンを持参したり、工夫しましょう。結婚式では胸元や背中が大きくあいたドレスやとても短い丈のドレスなどといった極端に露出度の高いドレスや、身体の線がはっきりと出てしまうドレスは避けましょう。新郎新婦よりも目立ってしまいますし、親族や両親や年配の人から下品に見られたりしてしまいます。スカート丈は膝が隠れるのがベスト、タイトスカートぴったりと身体の線が出てしまう服装も避けたいものです。胸元は屈んだときに見えないかもよくチェックしましょう。

避けたいNG服装チェックポイント~足元編~

生足はNG
真夏の結婚式でも、素足はマナー違反です。必ずストッキングを着用しましょう。また、黒い礼服や黒いドレスを着用する時は喪服を連想させる黒ストッキングは避け、肌色のストッキングにしましょう。
結婚式では足の指が見える靴は好ましくありませんので、つま先が開いたデザインはなるべく避けるようにします。かかとだけがバックベルトになっているものなら問題ありませんが、サンダルやミュールはマナー違反です。

避けたいNG服装チェックポイント~和装編~

友人・知人の場合は、訪問着で既婚、未婚を問わず着用できます。親族で未婚の場合は、振袖や中振袖が正装になります。既婚の場合は、留袖が正装です。

余興をする方必見

男性の服装マナー

男性の場合は、黒の礼装に白の普通襟のワイシャツ、白かシルバーのネクタイが良いでしょう。蝶ネクタイを合わせることもあります。具体的には昼間ならモーニング、夜ならタキシードが正式な装いですが、よほど格式の高い披露宴でない限り、黒のフォーマルスーツで昼夜兼用できます。

避けたいNG服装チェックポイント

  • 喪服を連想させる黒のネクタイはマナー違反です。
  • 白い靴下は不可。
  • 友人のパーティー形式やオリジナルウエディングといった結婚式では、カラーシャツに色ネクタイといった服装も可ですが、親族や取引関係や職場の上司は、黒の礼服がマナーになります。
  • 「平服で」と招待状に書かれていても、基本的にはスーツ、もしくはカジュアル系でもジャケットと革靴を着用しましょう。ジーパンにスニーカーはマナー違反です。
  • 主役の新郎よりも目立つような派手なカラータキシードなどはNGです。

いかがでしたか?これらのマナーを押さえておけば、もう安心して結婚式に出席できます。当日、心から新郎新婦をお祝いしましょう!