ネット総合病院 薬のネット通販

ネット総合病院 薬のネット通販

ネット総合病院をご利用いただくことで、薬のネット通販を行うことができます。取り扱っているものは、海外で製造された医薬品が中心です。日本にお住まいの方でも、ご注文いただければ、1週間程度で医薬品をお届けすることができます。

 

お薬をネット通販することや、海外の医薬品を使用することに抵抗を感じる方もおられるかもしれません。もちろん、お薬をネット通販することに関しては、危険と隣り合わせであるという一面を持っています。それは、ご注文者様が、間違った医薬品をご注文されたとしても、ネット総合病院で側では、間違った医薬品が注文されたと判断することができずに、ご注文通りの医薬品をお届けすることになります。ご注文者様が、到着した医薬品をてにとったときに、ちがうものだと認識することができればいいのですが、もしもそのまま服用されてしまうと、場合によっては命の危険があるということです。

 

医薬品は正しく使用すると、効果を発揮することができます。たとえば、症状が出ている時に正しい医薬品を服用すると、正しく作用しますが、症状と治療薬とが違う場合には、体が異常反応を起こすことがあります。血圧を下げたいのに、血圧をあげる医薬品や、血圧をあげる成分が含まれている医薬品を服用してしまうと、すぐに危険の状態になるということです。

 

まずは、ネット総合病院でお薬のネット通販を行うことの危険性を把握して頂く為、この説明を最初に行わさせていただきました。このようにお薬のネット通販には細心の注意を払う必要があるという事です。それでも、多くの方が、ネット総合病院のお薬のネット通販に関心が高いのは、日本国内で購入すりよりも安い価格が設定されているからです。海外の医薬品は、一般的に、日本のものよりも安いものが多く、また、最新のジェネリック薬などの開発も活発です。ジェネリック薬とは、開発された医薬品の特許が切れることで、同じ主成分で製造することが許可されている医薬品を指します。研究費や開発費などが大幅に軽減することができるので、安価で市場に流通するという特徴があります。また、ネット総合病院では、日本ではまだ未入荷の最新のジェネリック薬なども取圧合っており、もちろんそれらの医薬品もご注文が可能です。

 

このように、ネット総合病院でお薬をネット通販するメリットとしては、医薬品を安く購入することができること、病院の診察や処方箋が不要のことなどが挙げられます。

ネット総合病院を始めてご利用になる方へ

ネット総合病院をご利用いただくことで、医薬品の個人輸入を行っていただくことができます。医薬品の個人輸入とは、個人のお客様が、海外で販売されている医薬品を購入することを指します。ネット総合病院のご登録いただくことで、どなたでもご利用になることができます。

 

海外の医薬品は、日本のものと同等の成分のものでも、価格が安いことがあります。また、日本ではまだ未入荷の最新の医薬品でも、個人輸入を行うことで、ネット総合病院でご購入いただくことが可能です。ネット総合病院をご利用になるメリットとしては、この2点があげられます。

 

それだけでなく、ご注文の際には、処方箋は不必要であることから、症状を病院に診断に行けない人にとっては、ネット総合病院はとても役に立ちます。病院に行けない理由としては様々なものが考えられます。仕事が忙しくて、診察に行く時間がない方。病院が自宅の近くにない方。症状にコンプレックスを感じており、治療を始めたいけれども、診察に行く勇気がない方。などが考えられます。

 

ネット総合病院をご利用になっている方の多くは、これらの理由からご利用になっているようですが、やはり、値段が安いことからも大きなメリットを感じておられるようです。

ネット総合病院の送料

ネット総合病院では1注文に対して700円の送料がかかりますが、ご注文金額が7000円をこえる場合には、送料は無料となります。ご注文金額の条件としては、クーポンや割引などを適用後に、お客様が、お支払いいただく金額がもととなりますので、割引後に7000円を超えていない場合には、送料の負担をしていただくことになります。

 

送料に関しては、海外からの輸送となるために、どうしても700円程度はかかってしまうことは仕方がありません。また、7000円以上の購入するほどたくさんの医薬品を必要としてない方もおられることでしょう。

 

また、個人輸入では、ご注文者を代理することができないので、ついでに家族の分も購入して、注文金額を増やすこともできません。ただ、ネット総合病院では同じ商品をまとめてご購入いただくことで、商品価格を安くしています。また、医薬品は比較的、使用期限が長く設定されているものが多いので、常備薬として、多めにご購入されて、送料を無料にすることのいいのではないでしょうか?

 

もちろん、送料を無料にしたいからと言って、余計なものまでご注文されるようなことになっては、本末転倒ですので、必要なものだけをご注文されて、その時に7000円を超えているようになればいいですね。


更新履歴
このページの先頭へ戻る